2016年4月

リースって本当に高いんか?

リースって本当に高いんか?

(公開: 2016年4月19日 (火))

リースというとパソコンや車、コピー機など企業にとっては必要な物が沢山あります。
ただ一度に多くを導入するとなると莫大な資金になるためリース会社が一時的に購入して長期間のレンタルをする仕組みです。リースについての詳細はWikiなどで見てもらえれば幸いです。

■リースは悪という誤解
「リースは利息を払うし、自分の物にならないから損をする!」という意見があります。これはちょっと誤解があります。実はリースはメリットもあるんです。
リース料金の中には利息の他に下記のようなものが含まれます。

  • 動産総合保険(保険料)
  • 固定資産税


現金で購入した場合は、固定資産税の計上などの経理上の煩雑化します。
あとは動産総合保険にも加入してないので例えば、導入後に盗難に遭ったり、落雷などによって破損した場合、未加入の場合保証は当然してくれませんし、保守契約の対象外にもなります。

リース会社のリース料金の中には上記のような動産総合保険と固定資産税が含まれているのでそれらを加味したらものすごく高いイメージはないと思います。
様々な機器のリースがありますが、複合機のリースは一番ポピュラーなものだと思います。

■自分のものにならないから損!という誤解
冒頭でも説明の通り、リースとは長期契約版のレンタルとなります。例えば契約期間が満了したら自分の物にならないという考えもありますが、実際に5年から6年間使ってくると経年変化もでてきます。そうなった時にパフォーマンスも低下しているものをいつまでも使うよりかは、新しいものに切り替えた方が仕事効率はが上がると思います。

あと廃棄するのにもお金が掛かるので実際に自分の物になるのが得策かどうかは少しイメージが変わってきますね。

■途中解約がスグできるという誤解
携帯電話みたいに違約金さえ払っちゃえば途中で解約できるんでしょ?と思われますが、リースは解約できません。例えば6年契約のうち3年利用して残り3年の所で利用するのを辞めた場合残りの3年間×月額リース料を一括精算するパターンになるのが多いです。中には「先の事が分からないのに中途解約できないなんて!」と思う方もいらっしゃるようですが、そういう方は商売に向いてないかもしれません(汗)

■現金で買えるんだったらそれでOK

今回書いたのは現金払いが悪というわけでもなくリースが悪というわけでもなく、長い期間会社をまわしていく上で運転資金を効率よく回してく上でリースという選択肢もあるというのを理解して頂けたら幸いです。


湯沸し器が壊れたー

湯沸し器が壊れたー

(公開: 2016年4月15日 (金))

4月になって電力の自由化が始まり、どこの電気会社にしようかな?と悩んでた矢先に湯沸し器が故障。。。

湯沸し器がないとお風呂やシャワーが使えないのでかなり困ってしまいます。
サイトで値段が安めな所もあったりするけど、結構胡散臭い会社ばかり。。。

そこでガス給湯器・見積りの窓口というサイトに見積り依頼をしてみました。
http://mitsumori.ne.jp/gas/

いつもは湯沸し器とずっと思い込んでましたが、実際には給湯器っていうんですよね。
業者さんからはエコジョーズの提案もしていただきました。

エコジョーズって東京ガスに登録すると年間安くなるらしいんですよね。しかも申告制。。。
全然しらなかったんですが、業者さんはこういった内容も丁寧に教えてくれたのでよかったのでエコジョーズにしちゃいました。。


大成パルコンのリフォームができる業者

大成パルコンのリフォームができる業者

(公開: 2016年4月15日 (金))

パルコンを導入してからは20年。
大成建設のパルコンは結構地味に丈夫ですけが、やはり経年変化や時代の変化にともなって見た目も今風にしたいということもあって、パルコンの対応ができるリフォーム会社を探してみるも結構見つからないものです。。。

通常の木造住宅とは異なって工務店に相談してもなかなか請けますよって言ってくれないところが多かったです。

ようやく相模原にあるパルガードという会社がパルコンのリフォームをしていることをしりました。明日相談してみたいと思います。

http://pal-guard.com/


コピー機(複合機)を格安に手に入れる方法

コピー機(複合機)を格安に手に入れる方法

(公開: 2016年4月15日 (金))

開業や独立する際にコピー機(複合機)は必需品だと思います。
エ◯ソンやブ◯ザーなどの家庭用の複合機でとりあえず出費を抑えることもできますが、業務効率を考えたら実はコピー機(複合機)って便利だったりします。
おおきく分けると4つに別れます。

1.印刷速度
やはり大きいのが印刷速度。やはり印刷速度は家庭用に比べて圧倒的に早いのが業務用のコピー機(複合機)の特徴となりますね。コピーはコンビニでいいやって思ってても仕事が始まったらなかなか不便です。

2.印刷画質
家庭用の場合はインクジェットでの印刷が中心となりますが、業務用はレーザー印刷。お客様に提出する資料がインクジェットだとちょっと恥ずかしいですね。

3.印刷コスト
ここも大きいです。家庭用の複合機やプリンターの場合は本体とは別にインク代がかかります。家庭用は本体価格は安めですがインク代が結構ばかにならないです。業務用の場合はトナーは無料で供給されるものもあります。

4.メンテナンス
家庭用の場合は故障した場合に購入した家電量販店やメーカーに本体を送らなくてはいけません。業務用の場合保守契約もするので不具合があった場合に保守員が来てくれて複合機を見てくれます。ちなみに保守契約が高いと思われがちですが、実際にインクを購入する代金に比べれば安いと思います。

こんな感じでメリットが感じられると思いますが気になるのはコピー機(複合機)のお値段。以前に私もコピー機(複合機)を導入しましたが、複合機は色々のメーカーがあり、業種や印刷頻度に合ったものを提案してもらった方がいいと思います。

中には飛び込み営業で来た複合機を契約するなんてこともあるでしょうが結構コレが高いんですよね。

ちなみに私がコピー機(複合機)を導入したサイトが格安コピー機ドットコム。
http://kakuyasu-copy.com/

ここでは一回の見積りで最適な機種を最大4社分見積りが貰えます。
実際に私がもらった見積りは3社分。各社特性がありましたが、分かり易い説明もあり皆さんがご存知の某メーカーさんのコピー機(複合機)を導入しました。

しかもお値段もかなり安かったのと対応してくれたスタッフの対応もよかったので私的には好印象でした。

もしこれから独立開業を検討されてて複合機を導入するのであればココは結構おすすめです。ちなみにメールで問い合わせもできますが電話の方が話が早かったです(笑)